ふわふわていの相談支援とは?

計画相談のヒアリングの画像

計画相談とは?


何らかの障害をお持ちの方(者/児)が障害福祉サービスを利用する際、必ず「サービス等利用計画書」を作成しなければなりません。そしてその計画書を作成し、作成した計画がその方にとって適切であるかその都度確認していく支援の過程を「計画相談」といいます。なお、この一連の支援における自己負担はございません。

ちなみに計画相談支援を担う支援者は「相談支援専門員」(以下プランナー)と呼ばれております。

 


ふわふわていの計画相談


相談支援事業所ふわふわていでは、国家資格を持ったスタッフがプランナーとして配属されております。読谷村・嘉手納町・北谷町に住民票のある障害のある方を対象とし、以下のサービスをご提供します。

 

  • 日常生活全般に渡る相談
  • 地域の障害福祉サービス事業者等の情報提供
  • サービス等利用計画の作成および評価
  • モニタリングの実施
  • その他の援助

計画相談ご利用までの流れ


相談受付

Step1

障害福祉サービスを受けたいとなった場合、先ずはお住いの市町村の福祉課にて相談受付を行います。そしてその地域を担当する相談支援事業所をお探しください。ちなみに「ふわふわてい」は読谷村・嘉手納町・北谷町の3町村に住民票のある方が対象です。その他の市町村にお住まいの方は各市町村の福祉課にお問い合わせください。

利用計画書案作成

Step2

プランナーとの日常全般に渡る相談から始まり、ご本人やご家族が望む生活プランをお聴きしながら、共に「サービス等利用計画書案」を作成いたします。そしてその案をお住まいの福祉課に提出します。(その約1~2ヶ月後に市町村からご本人宛に「障害福祉サービス受給者証」届きます。)

事業所選択/決定/利用計画書作成

Step3

市町村からの受給者証をもって希望する事業所等とご本人とで利用契約を結び、サービス利用となります。その時にプランナーは担当者会議を開催し、正式に「サービス等利用計画書」を作成します。

モニタリングの実施

Step4

福祉サービス利用中プランナーを中心に、定期的に事業所が適切なサービスを提供しているか進捗状況を確認しながら、モニタリング・相談プランの見直し等を行います。


相談支援の確認

相談支援を受けるメリット


サービス等利用計画書をプランナーではなくご自身で作成する、いわゆる「セルフプラン」という方法もあります。プランナーとの面談の日程調整等が必要なく直接福祉サービス事業所や市町村とやり取りが出来る点では良いかと思います。一方で、自身のニーズや課題点などを客観的視点で文章化するのが難しかったり、利用している事業所と1対1でモニタリングを行うため、事業所に対する困り感を伝えにくかったりするようです。その点、プランナーを立て相談支援を受けるという事には、多面的なニーズの発見や事業所に対する意見、生活全般の相談などがしやすいというメリットがあります。

 


対象者


精神/知的/身体/の障害をお持ちのお子様から大人の方まで対象。読谷村/嘉手納町/北谷町に住民票がある方。

年齢

障害をお持ちのお子様から大人まで

利用料

無料

対象サービス


就労移行支援/就労継続A型/就労継続B型/生活訓練/児童発達支援/児童放課後等デイサービス/保育所等訪問/グループホーム/居宅介護/重度訪問介護/同行援護/行動援護/短期入所/生活介護/療養介護

対象地域

読谷村・嘉手納町・北谷町に住民票を方


支援体制(2020年6月開設現在)


相談支援専門員/1名(精神保健福祉士・社会福祉士

私が担当します


諸留華英

諸留 華英 / MORODOME KAE

 

精神保健福祉士/社会福祉士/相談支援専門員/タイフットマッサージ認定/リラクセンスボディセラピスト(認定前)

 

(素の私)

好きな食べ物・・・コロッケ。好きな飲み物・・・珈琲。好きなこと・・・食べること、唄うこと、踊ること、お手当。二児の母/蠍座/A型


お問い合わせ


電話番号 090-6866-5372(モロドメ)
受付時間 9:00-18:00
定休日 土日・祝祭日および年末年始

LINE でお問い合わせ

LINEでのお問い合わせは以下QRコードからお願いします。

ふわふわていのLINE QRコード

お問い合わせフォーム

メモ: * は入力必須項目です

アクセスマップ

「ふわふわてい」は、りこね鍼灸整骨院内にあります。